七五三撮影を頼むなら、「りんず」と「ふるーれ」のコンビに!


子供の成長を祝う節句

江戸時代に始まり現代まで続いている、子供の成長を祝う節句、七五三。
3歳は、これまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置きの儀」。
5歳は、男児が袴を身に付け始める「袴儀」。
7歳は、女児が大人と同様の幅広の帯を使用し始める「帯解きの儀」。

元々は、幼児が少しずつ成長して子供になり、大人になっていくのを祝うそれぞれ単独の儀式でした。
しかし、現在では七五三で1つの行事という認識に変わっています。
古の意味合いが、薄れてしまった感は否めませんね。

写真を撮ろう

とはいえ、子供の成長の記録として、ハレギを身にまとった子供の写真を残しておきたいと思うのが親心です。
実際、七五三の時期に神社などに行くと、カメラを首からぶら下げていたり、スマートフォンをわが子に向けている親をたくさん見かけます。

それだけではなく、プロのカメラマンに七五三の撮影をお願いしている親も多いです。
写真館に七五三撮影を依頼すれば、ほとんどの場合が衣装、メイク、着付けなどもセットになっているので、親にとっても楽なはずです。

問題は、どこにお願いするかということです。

「本物を格安に」を実現するなら、「りんず」と「ふるーれ」

「りんず」は、着物の販売、着物のお手入れ、着付け教室など、着物にまつわる様々なことを手掛ける会社です。
そして、同一グループが運営する「ふるーれ」という写真スタジオがあります。
これが最強ペアなのです。

ふるーれで提供している和装は全て、りんずのものです。
専門店が提供する衣装なので、上質なのは言うまでもありません。
その上、系列店なので格安なのです。
当然、撮影の料金に貸衣装代やメイク、着付け代も含まれています。

最強ペアの、最強たる所以
・創業明治という伝統ある技術が作り出した上質な着物を着られる。
・着物関連を手掛ける会社と写真館がグループ会社なので、質の良い着物をどこよりも安く借りられる。
・プロのカメラマンが、子供の素晴らしい表情を引き出して写真におさめてくれる。

これだけ理由が揃えば、もう迷う必要もないでしょう。

りんずとふるーれで七五三撮影をするならプランはこちら